うさぎ日記

『古布病』

昨日のことですが・・・。
朝から降り続く雨の中、北海道から来てくださったお客さまお二人。
なんと、私達親子同様、『古布病』の親子さんでした。
え、『古布病』をご存知でない?
では、まずそのご説明から・・・。

○どんなに傷んでいても、汚れていても、素晴らしい古布に出会うとニヤけてしまう。
○古布を見ているだけで幸せになれる。
○古布に触れるともっと幸せになれる。
○古布で何かを作ると、もっともっと幸せになれる。
○正絹の着物を干した後のやわらかさや温かさに、最高の幸せを感じる。
○夜な夜な、自分のコレクションを並べて笑っている。
○縮緬や錦紗の着物、羽織を見ているうちに、その頃の時代へタイムスリップしてみたくなる。
○傷みや汚れのない着物はそのままで、また端切れになっている古布も、
ずっとずっと後の世までたくさんの人に愛されて欲しいと願っている。
○寝ても覚めても古布が好き。
○古布の話をしだすと止まらない。

などなど、これらの項目に一つでも多く該当するほど、症状は重くなります。
な~んて。(笑)
ハッキリ言って私達親子は、全項目楽々クリアです!!って、自慢できること?

と、これくらいの症状の方が、昨日いらっしゃいました。
ゆっくりお好みのものをご覧になりたかったかもしれないのに、
私達親子が畳み掛けるように、写真や本や非売品やらと次々に持ち込み、
話し込んでしまいました。
挙句の果てには、私のちりめん細工をどばっとご披露し、褒めていただき照れまくり。
(^^;)
本当にすみませんでした。m(_._)m
でも、本当に楽しい一時でした!
あんな、濃い~~~~~い時間を過ごしたのは久しぶりでした。
たっくさんの刺激もいただき、勉強もさせていただきました。

夕方お礼のメールを差し上げたところ、早々にお返事をいただき、
「もっと病気になってください。」とのこと。
はい!頑張ります!!
『精進=病気』ってことでいいのかもしれません、この世界。ふふふ(^^)
[PR]
by usa_tete | 2006-02-27 20:59
<< 2度目の家出。 うさぎ、スギ花粉にまいる(;;) >>



うさぎの気持ちをつづりまする。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31