うさぎ日記

“けむち”。

昨年の、暮れも暮れのことです。
除夜の鐘を聞こうと、勝手口から外へ出た母の目に、
ふさふさのもこもこが飛び込んできました。
その正体は・・・。
c0009540_2194065.jpg

この子です。
突然の来客でした。
年が明けて1週間姿を見せなかったので、ただの通りすがりかと思っていたら、
7日から毎日、必ず日が暮れてから我が家へ来るようになりました。
この寒空の中、生ゴミをあさっても嫌われるし、病気になるだけです。
母と二人、勝手に名前をつけてご飯をあげています。
なかなか警戒心が強く、ちょっとでも近寄ると逃げてしまうのですが、
このゴージャスな毛並みからしても、きっとどこかで飼われていたに違いありません。
大切にしておられた飼い主は、とても寂しいお正月を迎えられたことでしょう。
この日記をもしご覧になってたら、
大丈夫ですよ!元気に毎日うちに来てますので、ご安心下さい。
3日ほど前に、ちくわを持って近づいたら、ケーッ と言われ、
次の瞬間人差し指と中指から、血が出ていました。
ちくわと私の指を間違えたようです。(;;)

ちなみに名前は・・・“けむち”です。“毛虫のけむち”。かわいいでしょ?
[PR]
by usa_tete | 2006-01-18 21:23 | うさぎとねこ。
<< 寒い日の店番。 庭の飴玉。 >>



うさぎの気持ちをつづりまする。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30