うさぎ日記

わらいうめはわらいうめを呼ぶ。

今更なんですが、うさぎやの“顔”としてホームページのトップや、
作り手うさぎやとしての落款(そんな大層なもの?)に使っていますのが、
“わらいうめ”です。
正式名称は、『光琳梅』といい、
光琳派の文様や絵によく出てくることからこう呼ばれているそうで、
かの有名な紅白梅図屏風のモデルとなった梅の木が、『光琳梅』と呼ばれ、
京都の下鴨神社にあるそうです。一度見てみたいな(^-^)
と、いうわけで、昔からある有名な紋、図柄なんですね。
花の輪郭と花弁だけという、超シンプルな梅。
でも、見ると、フッと笑いを誘うんですね。
なんとも言えない“和み”をもらえます。
花弁のカーブの具合によっては、何を企んでるの?と聞きたくなるほど、
にっと愉快に笑っているものもあります。

で、その“わらいうめ”(根付)を作っていたら…。

c0009540_1825988.jpg

“わらいうめ”に出会ったのです!\(@0@;)/
「まさか…ないわな~。」と、露店に並ぶ菓子木型を眺めていたら、あるじゃあ~りませんか!!
菓子木型ですよ!
まぁ、ありとあらゆる図柄があるわけですよ!
梅だけでも、そりゃあいっぱいあるんですよ!(実際にどれだけあるか知らんけど)
そこに、わ、わ、わ、わわわ…あわわわわ…。
興奮の極致です。
頭から湯気が出てたかも(^-^;)
c0009540_18325476.jpg

こんな風に、二段になっているのはなんででしょうね。
型から抜きやすくするためでしょうか?
ね、ね、口笑ってるでしょ?うぷぷ。
c0009540_18342139.jpg

梅生?木型の名前?
菓子木型って山桜の木を彫るそうです。
今現在職人さんの数は、日本中で6~7人だそうです。
「生まれ変わったらなりたい職人さんリスト」に追加しよう。

さて。
落ち着いたところで、根付の続きをしないと♪
口貼らないと。笑った口を(^-^)
[PR]
by usa_tete | 2011-05-21 18:43 | 好きなものいろいろ。
<< 歌川国芳展 わらいうめ制作中。 >>



うさぎの気持ちをつづりまする。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30