うさぎ日記

<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

秋晴れの日曜。

今日は最高のお天気!
朝から何をしよっかな~?
したいこと、しなくてはいけないこと、たっくさんあってどこから手を付けようか・・・。

と、まずは久しぶりに、あっそびましょ♪

c0009540_18501891.jpg


ゴブサタ シテマス。“ぶちお”デス。ゲンキデス。
秋ニナッテ、マタ 太ッテキマシタ。
[PR]
by usa_tete | 2006-10-08 18:52

鶏と虎。

京都国立近代美術館へ行ってきました。
伊藤若冲に会いに、
『プライスコレクション 若冲と江戸絵画展』 へ。

若冲の作品は20点ほどだったのですが、
この中に、かの有名な『動植綵絵(どうしょくさいえ)』は、『紫陽花双鶏図』の1点だけで、
残念ながら大好きな『秋塘群雀図』や、『蓮池遊魚図』、『地辺群虫図』、『群魚図』などは
お目にかかれませんでした。(;;)

それでも『紫陽花双鶏図』の実物を前にし、息を呑みました。
紫陽花の萼(がく)の一枚一枚、鶏の羽の一本一本、
躑躅や薔薇の一つ一つが、恐ろしく緻密で見れば見るほど引き込まれ、
若冲の凄まじい観察力と集中力、精神力を思い知らされました。
思わず息をするのを忘れてしまいました。

愛嬌たっぷりで笑みを誘うのが、『猛虎図』。
タイトルのような猛々しさより、まるまるした肉球を舐めて毛繕いする姿が、
猫のようにかわいらしいんです。
あんな虎、飼いたい・・・って。(^^)

マス目描きで有名な『樹花鳥獣図屏風』もありましたが、これは個人的に
あまり好きではないので・・・(^^;)

他にも、長沢芦雪の『白象黒牛図屏風』や、森狙仙の『猿猴狙蜂図』、
水上景邨の『唐獅子図屏風』 など、一目惚れした作品もいろいろあり、
ショップで絵葉書をたくさん買ってしまいました。

つい、4,5年前に若冲展が京都国立博物館であったらしく、
その頃無関心だったことが残念でなりません。
恋しい、恋しい、若冲さん。
またいつか会えるかなぁ・・・。
[PR]
by usa_tete | 2006-10-01 22:52



うさぎの気持ちをつづりまする。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31