うさぎ日記

<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

『古布病』

昨日のことですが・・・。
朝から降り続く雨の中、北海道から来てくださったお客さまお二人。
なんと、私達親子同様、『古布病』の親子さんでした。
え、『古布病』をご存知でない?
では、まずそのご説明から・・・。

○どんなに傷んでいても、汚れていても、素晴らしい古布に出会うとニヤけてしまう。
○古布を見ているだけで幸せになれる。
○古布に触れるともっと幸せになれる。
○古布で何かを作ると、もっともっと幸せになれる。
○正絹の着物を干した後のやわらかさや温かさに、最高の幸せを感じる。
○夜な夜な、自分のコレクションを並べて笑っている。
○縮緬や錦紗の着物、羽織を見ているうちに、その頃の時代へタイムスリップしてみたくなる。
○傷みや汚れのない着物はそのままで、また端切れになっている古布も、
ずっとずっと後の世までたくさんの人に愛されて欲しいと願っている。
○寝ても覚めても古布が好き。
○古布の話をしだすと止まらない。

などなど、これらの項目に一つでも多く該当するほど、症状は重くなります。
な~んて。(笑)
ハッキリ言って私達親子は、全項目楽々クリアです!!って、自慢できること?

と、これくらいの症状の方が、昨日いらっしゃいました。
ゆっくりお好みのものをご覧になりたかったかもしれないのに、
私達親子が畳み掛けるように、写真や本や非売品やらと次々に持ち込み、
話し込んでしまいました。
挙句の果てには、私のちりめん細工をどばっとご披露し、褒めていただき照れまくり。
(^^;)
本当にすみませんでした。m(_._)m
でも、本当に楽しい一時でした!
あんな、濃い~~~~~い時間を過ごしたのは久しぶりでした。
たっくさんの刺激もいただき、勉強もさせていただきました。

夕方お礼のメールを差し上げたところ、早々にお返事をいただき、
「もっと病気になってください。」とのこと。
はい!頑張ります!!
『精進=病気』ってことでいいのかもしれません、この世界。ふふふ(^^)
[PR]
by usa_tete | 2006-02-27 20:59

うさぎ、スギ花粉にまいる(;;)

しつっこい喉の痛みに悩まされた今週・・・。
風邪かと思っていたら、知らない間に花粉症でした。
スギは今までなんともなかったのに。
もう、♪はなっみず だら~ん くしゃみが ハクション!!♪って
コンタックのCM状態です。

あ!そんなことより、おかげ様で着付けの試験、合格しましたーーーっ!!
\(^0^)/ バンザ~イ!
来月の授与式には11年ぶりに振袖を着ていきます。
もう、言うてもなかなか着る機会もないでしょうから(たぶん)、張り切って今のうちに
着ますわよ~!
写真、必ず撮って後日“ころもこもの”に載せたいと思っています。

あ!もう一ついいことが!
いつもお世話になっている、『てづくりたんけんたい』さんの、来月のピックアップサイトに選ばれました!
またまた、\(^0^)/ バンザ~イ!
去年の3月も載せていただいたのですが、その月は訪問者数が大幅UP!
たくさんの方に当店のホームページをご覧いただき、とてもうれしかったです。
そして今年も再び!今年はこれを祝して、プレゼントの企画を考えています。
後日トップページにて発表させていただきますね。

おおっ。嬉しい楽しいことを書いていたら、ウルウル目が治ってきました!
え~いっ 花粉症なんてどこかへ飛んでいけーーーーーっ!!!!!
[PR]
by usa_tete | 2006-02-25 21:08

喉にイガイガが住むうさぎ。

風邪をひきました。
昨日の午前中、なんとなく喉が痛いなー。と思ったら昼からどんどん痛くなって、
今朝からも引き続きです。
聞くところによると、今年の風邪は喉からだそうです。
ご飯はもりもり食べて、食後の薬も欠かさず飲んでるのに、
今の私はすっかり、低音が魅力のハスキーボイスです。むふっ♪
なんて言ってられない・・喉痛い・・・。(+_+)

どこからきた風邪か。
週末父が職場からもらってきて、奥の部屋に引っ込んでいてくれればいいのに、
フラフラヘロヘロしながら居間に居座ったせいです。
おかげで母がうつり、そして週明けて私にうつったのです。
そして本人は・・・。
はい。予想通り、よくある話です。
ケロっと治りました。
あーーーーっもう、腹立つーーーーー!!
[PR]
by usa_tete | 2006-02-21 21:14

あとは神頼み。

終わりましたーっ。試験!

9時の会場入りに、ギリギリ到着でいきなりハラハラ。
バタバタと長襦袢まで着替えてやっと一息。な~んてことは言ってられません。
ドキドキドキドキ、おどおど、キョロキョロ・・・。と!
先生方の着物がいろいろ目に飛び込んできました。
「あ、白大島!」 「あれって地あき?」 「茶系の紬って渋~い!」 
「あの帯って、もしかして銘仙で作り直したもの?」 「唐子人形がいっぱい!かわい~!」
などなど、よく考えたら、これほど大勢のプロの方々の着物姿を一度に拝見できる機会ってそうはないのです。
帯とのコーディネイトや、半襟、帯締め、帯揚げなどなど、しばしの間緊張も忘れて見入ってしまいました。

でもいよいよ本番となると、腰紐や伊達締めなどの、ごくごく当たり前に結んでいたものが、
手が震えて思うようにできないのです。
こ、こんなことで時間取られるなんて・・・!
汗は吹き出る、髪は乱れて、きっとすごい顔をしてたと思います。
それでもどうにかこうにか、15分で無事着付け完了!

達成感と脱力感がわ~っと押し寄せて、家に帰ったら激しい頭痛がやってきました。
なんて弱い私。(^^;)
あとは結果を待つのみです。
今晩から神棚に手を合わせてから寝ることにします。
[PR]
by usa_tete | 2006-02-19 22:36 | ころも。(着物)

明日は試験。

着付けの試験がいよいよ明日に迫りました。
今日のお稽古で、なんとか15分でできるようになったのですが、
時間を優先させると仕上がりが悪く、完成度が低いのです。
おはしょりにシワが入ってたり、帯締めが緩かったり、いがんでたり、
枕がゆるかったり、比翼の衿があまりきれいでなかったり・・・。
大丈夫かなぁ・・・。
ハラハラドキドキ・・・。

ここまできてあれこれ心配しても仕方ないですね!
準備してお風呂入って、早く寝よっ。

うさぎや、頑張りまっす!
[PR]
by usa_tete | 2006-02-18 20:20 | ころも。(着物)

絶好調!

2月2日にリニューアルした『正絹古布セット』が、おかげさまで絶好調です。
赤、紫、青、緑、灰、茶の6色シリーズですが、特に赤と紫が人気です。
紫は在庫が切れてしまい、今日からまた新たにセットを組んでいます。
大変ありがたいことです。

やはり絹物の華やかさというのは、赤や紫に代表されるのでしょうか。
縮緬や錦紗の赤地や紫地に、
緑、黄緑、黄色、橙、ピンク、青、水色などのカラフルな色彩で、
梅、菊、牡丹、橘などの大きな花柄や、
扇、糸巻き、手まり、紙ふうせん、かざぐるまといった、
かわいい柄が豪華に描かれている子供の着物などは、とても人気が高く高価です。

小さな袋ものを一つ作るとき、黒地と合わすと華やかさが際立ち、間違いなくいいものが出来上がるのですが、華やかなものばかりで配色しても不思議としっくり落ち着くんですよね。
着る場合でも、洋服では考えられないような、派手×うるさい や、模様×模様 や、
柄×柄 が、着物では結構普通だったりします。
今よりももっともっと物が少なかった時代に、人々は何を見て、何から学んでこのような色彩感覚を養われたのでしょう。う~~~~。
行~ってみたいな~♪ 江戸時代~♪
ほんとにほんとにタイムマシンが欲しいうさぎやでした。
[PR]
by usa_tete | 2006-02-15 20:28

アカギレにボヤく。

右手の親指にアカギレができて治りません。
寒い季節は、同じ所に何度もできます。
治ってはでき、また治ってはでき・・・。
治りそうなときに力を入れると破裂しちゃうんですよね。
このアカギレも5回目くらいです。
バンドエイド(カットバン?)を2枚、ぐるぐる貼っているのですが、
針が持ちにくくて・・・。力も入らないし・・・。
他の指もけっこうカサカサしているので、薄い絹物はひっかっかって扱いに苦労します。

アカギレや手荒れに即効性のあるクリーム、
オススメがあればぜひうさぎやにお教え下さいませませ。m(_._)m
[PR]
by usa_tete | 2006-02-13 20:41

最近の手仕事事情。

1.緑の紬の着物。・・・中綴じ、おくみの綴じ、裾端のふきの始末まできました。次は身八つ口の縫いです。

2.人絹の単長襦袢。・・・先に仕立てた本絹の長襦袢を、主にお稽古のときに着ているのですが、袖口の裏が薄汚れてきました。本絹なので、まるごと洗うわけにいきませんし、普段に着るのはもったいない気がして、人絹で、今回は関西仕立てで作ります。おくみがない形のものをそう言うそうです。次のお稽古までに、お袖は仕上げられそうです。

3.銘仙つなぎのじんべさん。・・・冬に愛用している私のじんべさんは、昔の人が手持ちのはぎれを集めて縫い繋いだ、とてもかわいいじんべさんです。サイズもぴったりで、銘仙の色合いがとてもおしゃれです。でも、裾の綿がもうなくなってしまったり、ところどころ解れてきているので、新たに自分で作ってみることにしました。まず、基本のじんべさんを習えばいいのに、逸る気持ちを抑えきれず、とにかく銘仙を繋いでみました。赤や紫、青、ピンク、緑、オレンジ、黒と、とてもカラフルでうるさい感じですが、かわいいかも!繋いだはいいけど、それからの手順がまったくわからない!裏地も探してない!アハハ・・・。ということで、今少し停滞しています。

4.錦紗つなぎのポンチョ。・・・これは春先に向けて、洋服にチャレンジです。と言っても、直線ばかりで、首と袖だけ開けた真四角の仕立てです。運針の練習にもなるし、全部手縫いでと始めたのですが、接着芯の貼っていない錦紗に苦戦しています。

どれか一つでも、途中経過の写真を載せようかと思ったのですが、仕上げずに終わってしまうとみっともないので、完成したらまた、『ころもこもの』に載せようかと思っています。
どうか、期待なさらずにお待ちくださいませ。なんて。(^^)
[PR]
by usa_tete | 2006-02-11 18:52

好き好き大好きハヤシライス。

私の大好きな食べ物、それは・・・
ハヤシライス!!
嬉しくておいしくて、おかわりしてしまいましたーーーっ♪
明日の朝も食べよ~~~っと(⌒▽⌒)
[PR]
by usa_tete | 2006-02-08 21:14

スズメふくらむ。

普段、どこにでもいるスズメ。
冬、一層かわいいくなるのをご存知ですか?
羽毛がぷっと膨らんで、ころころ転がりそうなほど丸くなるんです。

家の裏に16歳になる犬がいます。
最近認知症で、独り言(=無駄吠え)が多く、ご近所にご迷惑をかけっぱなしです。
この犬の残したご飯を食べに、スズメが塀の上で待機します。
じっと、寒さに耐えながら。
そしてその様子を、じっと、笑いをこらえながら見る、うさぎや。
笑いどころか、絶叫するのをこらえています。
だって、とにかくかわいいーーーっ!!

子供の着物から大人の着物、帯、帯結び、羽織、羽裏、
木綿の型染め、更紗、絵絣、袱紗、風呂敷、家紋・・・。
ありとあらゆるものに、スズメが用いられているのは、
昔の人もやはり同じ気持ちでスズメを愛されていたんでしょうね。
そうそう、『舌切り雀』や『スズメの学校』って、お話や歌にも、スズメがいっぱい!
私のコレクションの中に、『スズメの学校』がモチーフのモスリンの子供の着物が
あるんですよ。虫食いだらけでボロボロですが、宝物です。(^^)

さて、お待たせ。そろそろワンのご飯だよ。
c0009540_21552121.jpg

ほんとは、正面から見るのが一番いいのですが、残念ながら今回は撮れませんでした。
[PR]
by usa_tete | 2006-02-06 21:56



うさぎの気持ちをつづりまする。