うさぎ日記

<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

真っ赤だな~♪

三重の柘植へ行った帰り、天理ダムへ寄り道しました。
紅葉がとってもきれい!
感激して、またパシャパシャ撮りました。
日本の素晴らしい季節の移ろいに、日々感動しながら、
染めたり、描いたり、昔の職人さんは着物を作られたのかなぁ・・・
と、赤や黄色の葉っぱを見ながら溜息です。

天理ダムから桜井回りで笠山荒神、山之辺の道を通って帰ってきました。
紅葉、柿、みかん、ゆず。
秋色グラデーションはとても温かな色彩です。
紅絹のように、すっかり心染められたうさぎやでした。

c0009540_21263299.jpg


c0009540_21265272.jpg

[PR]
by usa_tete | 2005-11-27 21:27

糸輪に覗き五三桐。

秋こそは着物を着たいだけ着るーっ!
と、長い夏の間待って待って待ち構えて、そして迎えた秋なのに・・・。
結局3回くらいしか着ていません・・・。
土日月は定休日でもちろん着ない。
火は週初めでお掃除やら何やらで動きにくいし。
水曜と金曜は午前中和裁。
ってことは木曜ならなんとか!と思って水曜の夜に準備するのですが、
いざ木曜になると、店開けるまでに買い物やら、銀行やらへ出かけたりで、
結局着られない・・・。

でも!縫う方は頑張ってます!!!
袷から単に変更した長襦袢は、ほぼ完成!
間で挟み込んだ、振袖用長襦袢の袖丈直しもバッチリです。
来年、もしかすると振袖を着る機会があります。
成人式の時は母の中振袖を着たのですが、薄いピンクの総絞りで、
色黒の私にはぱっとしなかったんです。
今度、着てみたいと思っている振袖は、青地の御所解き模様!
黄色や橙色で描かれた花々に、御所車、そしてところどころ刺繍が施されています。
裏が紅絹なので、大正後期~昭和初期のものだと思います。
『糸輪に覗き五三桐』という紋が五つ入っていて、お嫁入りの時に着る振袖のようです。

で、お嫁入りでもないのに着たい!と図々しく思っている私なのですが、
これにぴったり合う長襦袢がないので、仕方なく大振袖用の長襦袢の袖丈を詰めることにしました。
お直しの仕方も勉強しておけば、これからいくらでも役に立つし!
ってことで取り掛かったのですが、丸みをつけるのが難しかったです~。(><)
きせが2分近くかかってしまって、
「これでいいのかなぁ、やり直したらますます汚くなるかなぁ・・・。」
とハラハラドキドキでしたが、なんとか今日無事に仕上がりました。

それにしても、この振袖についていた紋、今までに見たことのない桐の紋だったんです。
『五三桐』って結構ポピュラーで、貸衣装なんかについているあの桐の紋はよく見ますが、
輪っかの中の下から三分の一くらいの所に、桐に頭だけ見えてるって感じです。
『家紋』の本も何冊か持っているのですが、その中には載ってませんでした。
ところが今日、和裁の先生が見せてくださった本に載っていて、『糸輪に覗き五三桐』という紋だということがわかりました。なんだか嬉しい。(^^)

さぁ、これであとは着る日を待つのみ!
どこのええお家のお嬢さんかしら?
というようなオスマシして、猫いっぱいかぶって着よ~っと。うふふ~♪
[PR]
by usa_tete | 2005-11-23 21:09

12/1 『古布に癒される会』??

すっかり寒くなりました。
うさぎやの季節です!
と、言いましても、雪の中を真っ白なウサギが、
ぴょんぴょん楽しそうに飛び回る姿とはかけ離れており、
何枚も何枚も重ね着した上にマフラーをぐるぐる巻いた、
太っちょの黒いウサギが炬燵でつくぼっている、私はそんなうさぎです。

今日もそんな姿で、ひたすら縮緬と錦紗を切っていました。
12/1の『手作り会』の準備です。
はぎれの山から、「これはかわいい!」、「これはいい布!」、「この色は映える!」
と、ウキウキしながら、接着芯を貼っては型紙をあて、切る、を繰り返していました。
片面6枚繋ぎ×2面なので、お一人様12枚。それが6人分。で、計72枚!!
※11/9の日記に掲載した見本は、9枚繋ぎでしたが、当日作っていただくのは6枚繋ぎです。

「なんで材料準備するなんて言うてしもたんやろ・・・。」と、
正直初めは悔やんだのですが(ちょっとだけ)、
やりかけるとかなり楽しくて、あっと言う間に80枚も作っていました。
ハッキリ言って、かわいいです!!!どの布も!!!
私の好みにかなり偏ったかもしれませんが、見てるだけでも十分楽しめます。
錦紗が中心になってしまったのですが、
なんでこんなにかわいいんでしょうね~。錦紗って。
色は優しく華やかで、柄は愛らしく、手触りは柔らか・・・。
昔の日本女性ってこんな人ばっかりだったのかなぁ・・・。はぁ~。溜息。
『手作り会』は、『見て楽しむ会』でもいいかも。もしくは、『古布に癒される会』。
う~む。いいかも!
ってことで、作りたい方、見たい方、癒されたい方、お申し込みお待ちしております。m(_._)m
[PR]
by usa_tete | 2005-11-17 22:09

第1回 『うさぎやと作ろう!』 絹小物教室開催!!

早速、今日のタイトルについてご説明させていただきます。

日時・・・H17.12.1(木) 13:00~15:00
参加費・・・¥1500(材料費込み)
ご持参いただくもの・・・手芸道具、絹手縫い糸(主に白、黒、赤)
ご一緒に作っていただくもの・・・『縮緬、錦紗つなぎの巾着袋』

材料は当店で全てご用意させていただきます。
袋表地の、縮緬、錦紗、綸子などは、当日お好みのものをお選びください。
その他、袋裏、口布、紐などもご用意いたします。
見本は、“今月のうさぎや”に掲載してる、四角い方の巾着袋です。

c0009540_21204821.jpg

これです。ちなみにこれは、縮緬(江戸小紋)を繋いでいます。

定員・・・6名(当店が狭いので少人数になります。お申し込みをたくさんいただいた場合は、また別の日にも開催致します。)
注意!・・・今回は、専門の先生をお呼びしておりません。私、うさぎやがお教えさせていただくにはまだまだ未熟者ですので、皆さんと、「あ~でもない、こ~でもない、この色の方がいいかしら?いえ、こっちの方がしっくりくるわよ。」な~んて、わいわい楽しくご一緒に作りましょう!という『手作り会』です。
きっと私の方が、皆さんに教えていただくことばっかりだと思います。(^^;)

とこのような会ですが、ご参加お申し込みくださる方は、イベント期間中(11/15~/30)に受付させていただきます。メールにてお申し込みくださいませ。
よろしくお願いいたします。m(_._)m
[PR]
by usa_tete | 2005-11-09 21:31

三輪の市。

どっひゃー。
日記も気がつけば、一週間もご無沙汰していました。すみません。
ご無沙汰中、何があったのかと申しますと・・・
父が黒メダカを持って帰ってきた、
袷の長襦袢を作っていたはずが、気がつけば単だった、
初めてユニクロで買い物をした、
“ふくち”がまた店に出るようになった、
“ぶちお”が首輪を嫌がらなくなった、・・・と特に変わったことはありません。すみません。

さて、明日は三輪の市へ出店します。
ここ数日お天気がいいので、明日もこの調子で!と思っていたら、今晩から崩れるとか
なんとか・・・。( ̄□ ̄;)
でも、行きます!だって、めちゃくちゃ張り切って準備したんですから!!

今回は手作りの小物はほとんど持って行きません。
その代わりと言ってはなんですが、はぎれをたくさん持って行きます。
藍木綿、型染め、更紗、錦紗、若い正絹、人絹などなど、お使いいただきやすい、
小さいサイズのものを¥100からご用意しております。
若い正絹や人絹は、40㎝~で¥200均一です・
また、セット組も、縮緬、錦紗、紬、銘仙、若い正絹、木綿(絣)、木綿(縞)と
豊富に持って行きます。
藍木綿は1着分まるまるのはぎれや、形そのままのもんぺや上っぱりも持って行きます。


あ~、晴れたらいいのにな・・・。
一人でも多くの古布ファンの方とお会いし、お話できるのを楽しみにしているうさぎやでした。
[PR]
by usa_tete | 2005-11-02 21:02



うさぎの気持ちをつづりまする。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30