うさぎ日記

カテゴリ:未分類( 191 )

夜のお楽しみ♪

月曜の夜7時、BSフジで『鬼平犯科帳』が放送されているのを
ご存じでしょうか。(今日も2時間スペシャルしてました!)
二十歳の頃に長谷川平蔵に魅かれ、全巻読んだ私ですが、
放送はそれほど楽しみでもなく、なんとなく見ています。
渋い渋い、本格的ないい時代劇だと思いますが、原作はもっといいのです。

長谷川平蔵はとても素敵で魅力的な男性だと思うのですが、すご過ぎてちょっと非現実的。
読み進むうちに、長谷川平蔵の片腕とも言える筆頭与力の佐嶋忠介、この人に惚れます!
誠実でこつこつと平蔵を助けます。痒いところに手が届く。でも掻きすぎない。
決して前へ出ず目立たず地味だけど、かつての日本人、そんな気がします。
私の理想はむしろこの方です(*^-^*)
(長谷川平蔵は男性にモテて、佐嶋忠介は女性にモテそう。)
原作ではもっと登場するのですが、テレビでは佐嶋役の俳優さんが亡くなられたことも
あってか、以後代役もなく登場しません。(私の知っているシリーズでは)

理想の男性像はともかく…(^^ゞ
原作にはない楽しみが、ただ一つ、テレビにあります。
物語が終わった次の瞬間です。
ジプシーキングスの“インスピレイション”。
・・・・・。
しっとりと流れるギターの旋律に、桜の江戸。賑わう縁日。川面を叩く驟雨。
風鈴売りに朝顔。雪の中の蕎麦屋。。。
と、江戸の四季が映し出されます。
心に染み入るとは、まさにこれです。

で、ここからが更なるお楽しみ。
部屋の電気を消して、ちょっとレトロな卓上スタンドを点けます。
中宮寺のお香を焚いて、手に針と柔らかな絹。
そしてそして、ミュージックスタート!インスピレイション。
・・・・・。
あぁ。私は江戸の縫い子。傍らに猫。静かな夜。明日は縁日。。。
うさぎや、いえ、“お静ワールド”全開です。(病気かも(^^ゞ)
※小学校3年の時に、お静とあだ名をつけてくれた〇〇ちゃん。ありがとう。

あぁ。。。
もう1回聴こ。
何回も聴こ。。。
[PR]
by usa_tete | 2011-04-20 20:48

目立て、看板!!

立地の悩みとでも言いましょうか…。
うさぎやのある場所は、
母屋とはなれと蔵(農機具倉庫?)のある、大きなおうちが多い旧村です。
道路は狭く、通るのは近所の方々と、
抜け道として利用する車と清掃車ぐらい…。
でも!
これからの季節と秋は、斑鳩三塔を巡る観光の方々が、
法起寺を目指して、または法起寺から帰り道にと、結構たくさん通られます。
そこで!
「家じゃないよ、お店だよ~っ」と訴えるべく、こんなことをしてみました。
どうだ!
c0009540_21522073.jpg

・・・・・。
幼稚園っぽい・・・ですよね。
しかも、あっと言う間に退色するんだろうな・・・(;;)
[PR]
by usa_tete | 2011-04-02 21:57

新しくなりました!

その1.
 お仕立て承りねこ首輪の、布の種類が増えました!\(^0^)/
5色の色に分けて、それぞれの柄を2~3種。プラスかのこ2種。
 皆さまのねこちゃんに似合う柄を、上手にお選びいただけたらと思います(^-^)
 ちなみに、うちの“ごん”と“ふくち”は、何でもよく似合います( ̄ヘ ̄)エヘン
 ご存じの通り、日本全国あちこちにいる、茶色の混ぜ混ぜとサバトラですが、
 何か?( ̄ヘ ̄;)
 日本猫なら、赤がオススメです。
 c0009540_2144571.jpg
  




 
 牛模様の“ぶちお”さんは、赤のよく似合う男前でした…(;;)
 “ふくち”が最初にした首輪は、赤の縮緬に綿を入れた特別仕様で、
 母に、「もったいない!」と叱られました…(;;) 
 と言うか、“ごん”に作らなかったから怒られたのかも(^-^;)
 “こめ”、“そば”、“むぎ”には、お正月にお揃いで唐草模様のを作ったのに、
 たった2日で落としてきました。名前の刺繍まで入れたのに…(;;) 

その2.
 てづくりキットの、「小さな小さな風船袋」
 新たに6種類、セットしてみました。
 簡単にできますので、お細工もののきっかけにしていただければ幸いです。
 綿を詰めると、ころころふかふかして、とってもかわいいですよ(^-^)

ご不明なことなどございましたら、メールでお問い合わせくださいませm(_._)m
[PR]
by usa_tete | 2011-03-28 21:50

藍の匂い。

藍の縞木綿のセットを作っています。
アイロンがけしていると、懐かしい匂いが立ち込めてきます。
その時代を生きていないので、『昔懐かしい』という感じではないのです。

今から20年ほど前、私が古布の「こ」の字も興味がなかった頃です。
母が夢中になりかけた頃で、四国旅行の折に藍染工房へ立ち寄りました。
工程そのものには興味があったのですが、
工房に入るなり、「臭い!」
むせ返るような藍の匂いに我慢できず、工房から飛び出ました。
一人喜ぶ母を、工房の外で父と妹と3人で待ってました。

アイロンの蒸気と藍の匂いの中で、そんなことを思い出し、
今ではこの匂いがすっかりお気に入りになった自分を、おかしく思います。
「まさか、私まで取り付かれるなんて…(^-^)」

使い込んだ木綿には、絹の柔らかさとは違う、お母さんのような温かい柔らかさ。
ほとんど水を潜っていない木綿には、お父さんの手のような厚い温かさ。
藍木綿のアイロンがけは、安堵感に包まれます。

c0009540_21345115.jpg

[PR]
by usa_tete | 2011-03-23 21:38

アマゴ釣り

今年の3月は、アマゴ釣りを満喫しています。
数年前、魚影もまったくなかった川。
去年から漁協がかなり力を入れておられるようで、今年の解禁は当たりでした。
解禁日に、32匹。
2回目5匹。3回目7匹。
魚も結構大きく、きれいで形も良いです。
アマゴだけでなく、イワナも大きなマスも釣りました。

ワクワクドキドキを抑えながら、
仕掛け付けて針付けて、エサ付けて、流れに向かって竿をそりゃっー!
と・・・対岸の枯草にカサッ。うわっ!(慌てて竿を引く)ビーーーンっ。
あーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
引っ掛けた~~~~~~~~~~~~~~。
・・・・・。
枯草や川底に針が引っ掛かると、簡単には取れないのです(;;)

ふりだしに戻る。
仕掛け付けて、針付けて、エサつけて…。
河原って足場も悪ければ、草ボーボー、見上げれば木の枝わさわさ。
竿振るにもあちこち神経配らないといけません。
おまけに魚がいそうな、流してみたい所って草の陰だったり…。

釣ったら針外して、魚籠に入れて水汲んで、またエサつけて…。
走り回ったり、ポイント探して歩いたり、1時間以上同じポイントで粘ったり、
そんなこんなで時間があっと言う間に過ぎて、日が落ちます。
「いや~、楽しかった~~~。」
と、炬燵でお茶を飲みかけてびっくり!
口元に持ってきたお湯呑持つ手が真っ赤!!親指、人差し指、中指まで。手首でくっきり境目!
タートル2枚重ね、タイツに腹巻、レッグウォーマー。
カイロ貼って、ダウン着て、ニットの耳あてに帽子。
可愛げのまったくない釣り用長靴。
長い髪がなければ男女の区別もつきかねる、見た目構わずバッチリ完全防寒!
でも…日焼け対策忘れてた…。
寒さに関係なく、山の紫外線が相当手強いことを忘れてました。
こんな手、縮緬や錦紗に似合わないよ…(;;)
痛い…ヒリヒリする…恥ずかしい…シミになる…(;;)
でも、また行こ♪
[PR]
by usa_tete | 2011-03-20 20:58

うさぎやの年に。

およそ2年ぶりの日記です。

いろいろ、いろいろ、いろいろいろいろいろいろい~~~~~~ろいろっ、
ありました。(^-^;)

とにもかくにも、長らくご無沙汰しておりましたm(_ _)m

現在、新しいホームページを作ってまして、
今月中に立ち上げたいと思っています。
通信販売も再開したいと思っています。

来月には店舗の営業も再開するつもりです。
準備の関係で、5月になるかもしれませんが、
とりあえず4月を目指しています。

また温かいご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、3月は雨で始まりました。
でも一番好きな月です。
また一つ歳を取りますが、今年は年女!うさぎやの年!
生まれ変わったつもりで、頑張ります!(^o^)/
[PR]
by usa_tete | 2011-03-01 14:57

初公開 松坂屋京都染織参考館の名品

連休の終わりに、風邪をひいてしまったうさぎやです。
一昨日鼻の奥が痛くなって、新しく買った目薬が合わないのかと思っていました。
昨日、痛みは喉へと降りてきて、夜には微熱が・・・。
今日はもうだいぶマシになったのですが、声が変・・・。
お出かけの予定を変更し、大人しく過ごしています。

お陰さまで、履歴書を書く日々もゴールデンウィーク前に終わりました。
休み明けの7日から仕事始めです。
そのためにも風邪は治しておかないと!(^0^)/

仕事を探す日々というのはなかなか厳しいものでしたが、
平日ならではの楽しみをちょくちょく入れて、息抜きしていました。
その一つがこちら。

c0009540_14292229.jpg


大阪市立美術館で5月31日まで開催されている、「小袖」展です。
この度初公開された、松坂屋さんのコレクションで、
江戸時代の小袖、ひながた等、約400点が公開されています。
会期中3度の展示替があり、もう2回観てきました。
仕事が決まったので、3回目は平日という訳にいきませんが、どんなに混雑しても
3回目も行きます!
とにかく素晴らしいコレクションです!
ガラス越しではなく、間近に見ることができます。
手を伸ばせば届くところにあります。
息がかかります。クシャミしたらそりゃもう大変!
子供が走ってきてコケて引っ張ったらどうするの!
って、思わず絶叫してしまいそうなところに展示されてます。
パンフレットで小袖のあちこちを指しながら話していたお客さんは注意されてました。
私も隣でハラハラしてました。(><)
だって、江戸時代のものですよ!
刺繍の糸だって外れてるし、染めが抜け落ちてるところだってあるし、
とってもとっても薄い縮緬なんですから。(縮緬だけじゃないけど)
私達のように、大好きな人間にはたまらなくありがたいものでしたが、
一方で、なんと勇気のある展示の仕方だろうと感心してしまいました。

初めからあんまり一生懸命観すぎると、集中力がなくなって疲れてしまいますが、
第一会場を見終え再入場手続きをすると、喫茶店に行けます。
ここのアップルポテトパイで一休み。
それから第二、第三会場をご覧になるといいと思います♪

こんな素晴らしいコレクションはそう観られるものではないと思います。
ぜひ、ぜひ!!
[PR]
by usa_tete | 2009-05-05 15:01

召し上がれ。

今年も、ねねの散歩道の桜がきれいに咲いています。
毎年、ぽかっと口を開けて見上げているのですが、
今年は一味違う楽しみ方をしています。

はい、桜ご膳でございます♪

c0009540_17473575.jpg



ち、違います、違います!折ってません!!拾ってきたんです。
今年、やたらカラスが多くて、蕾の頃から枝に3、4羽とまってました。
桜を食べるんでしょうかねぇ。
足元に、5㎝~20㎝くらいの枝がポキポキ落ちてるんです。
蕾がたわわについているのとか、細長い枝の先に手毬のように丸く咲いているのとか。
一年間この季節を待って、じっと寒い冬を耐え、やっと「咲くぞー!」って時に、
ポキっ! ぽとっ。。。 ってねぇ。あんまりじゃありませんか!
で、せっせと拾って、こんなふうに楽しんでます。家中満開(^^)♪
日本酒が入ってた青い瓶、時代の古い染付けの盃、
現代もののガラスの小鉢などなど、桜ってなんでも合うんだなぁってちょっと発見でした。
中でも一番のお気に入りはこれ。

c0009540_1812574.jpg


プラッシーってジュースありますよね。ありましたよね?どっち?
今はもうないのかな?確か緑の缶だったような。。。
あのジュースの景品なのかどうなのか、プラッシーって書いてある(わかりにくいですが)
ちっちゃいコップです。
昔の水菓子の型より、一回りほど大きいでしょうか。直径6㎝くらいです。

拾った時はくたっとしてても、水に挿してしばらくすると、見事に復活します。
それが嬉しくて、ここ3,4日毎日桜拾いしてます(^^;)
元気になった桜から、元気をもらっているうさぎやです♪
[PR]
by usa_tete | 2009-04-08 18:10

椿のススメ。

桜井市の玉列神社をご存知でしょうか?
『たまつらじんじゃ』と読みます。
この日曜日、29日に椿まつりがあると聞き、それなら混雑を避けて
平日にと、昨日行ってきました。
境内の至る所に、いろんな種類の椿が植わっていて、
なんでも、200種類もの椿が合計400本ですって!
種類によって咲く時期が微妙に異なるんでしょうね。満開ではありませんでした。

続いて、近くの山の辺の椿山へ。
山一つまるまる(ではないかな?)椿!という山です。
こちらも残念ながら、今年は特に花が少ないとのことで、
わずかに咲く椿をきょろきょろ探しながら歩きましたが、
花が多い年で、しかも桜が満開の頃だと、
山道が桜の花びらと落ち椿に彩られるそうです。

わが師、水口先生はこのさまざまな種類の椿を、縮緬のお細工物で表現されます。
先生の近著、『縮緬お細工物の世界』(New York Art)では、
『百椿袋』と題し、24種の椿袋が掲載されています。
お稽古では実物も見せていただきましたが、もう、素晴らしいです!
先生が、なぜこれほど椿の虜になられたのか。
侘助と糊こぼし、匂い椿しか知らなかった私ですが、夢中でデジカメに収めていくうちに
よ~くわかりました。
先生には遠く遠く及びませんが、私も椿コレクション、増やしていきたいな。。。

c0009540_14244269.jpg

この写真は、椿山入り口の苗木販売コーナーです。ここは入山料が300円いりますが、
一回りしたあと、おいしいお茶を出してくださいます。
お茶をいただきながら、ご主人の椿にまつわるいろいろなお話が聞けますよ。

あと、大和郡山市に『椿寿庵』というところがあります。
ビニールハウスの中で鉢植えの状態ですが、こちらも200種類以上の椿があります。
苗木も販売されていたように思います。
お好きな方はぜひ!
[PR]
by usa_tete | 2009-03-27 14:44

青い空。白い鳥。

一年ぶりに、めっちゃくちゃ刺激的な所へ行ってきました。

ヒントその1。
 『三月は彼岸の入りから一週間』

うふふ~。
ご存知の方も多いかもしれませんね。
でも、ここまで。(^^)

久しぶりだったので、千代紙やらビーズやらいろいろ買ってしまいました。

車の多い大都会。お天気よくても空気が・・・(><)
と、ふと交差点の向こうに・・・。
c0009540_10343530.jpg

ぐるっと白蓮で囲まれたお寺がありました。
忙しい都会の真ん中で、無数の白い鳥が羽を休めているような光景に、
今いる所がどこなのか忘れてしまいそうになりました。
c0009540_1041241.jpg

でも、あんまりきれいに撮れてないな・・・(^^;)

あ、そうそう。
皆さまにおもいしろいものを一つ。
c0009540_10473425.jpg

手相占いの店先(?)にこんなのがあったんです。
自分の干支見て、思わず笑ってしまいました。
皆さまはいかがでしょうか?
後日、あとの6つの干支もご紹介しますね。
[PR]
by usa_tete | 2009-03-19 10:57



うさぎの気持ちをつづりまする。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30