うさぎ日記

黄檗山萬福寺の手作り市へ。

毎月8日、宇治の萬福寺ではほていまつりがあり、
手作り市やお茶席などのイベントが開催されます。
(詳しくはこちら… http://www.obakusan.or.jp/)
昨日、初めてその手作り市に出店させていただいたのですが、
前日の積み込みの時、「回廊に出してください。」とご住職がおっしゃったのを思い出し、
じゃあ、テント不要?回廊って、あの回廊?(長谷寺や橿原神宮を思い出しながら)
境内での出店ならわかるのですが、回廊って、中(屋内)でしょ?
入山料や拝観料を払ってから入る、回廊で?出せるの?ほんとにぃ?
と、不安になり、電話してみると、
「テントはいりませんよ。折り畳みの机や椅子も問題ないです。皆さん持って来られてますよ。」
と、全く問題なしのお返事。
で、行ってみますと・・・。
本当に回廊!!
しかも、伽藍堂の前のこんな場所で!!
 
c0009540_10533715.jpg

ひえ~~~~~っっっ。

c0009540_10545074.jpg

あれに見えるは、魚梛(かいぱん)というもので、木魚のはじまりだそうです。
売店に、この魚梛をプリントした和紙でできた、箱入りの金平糖があり、
迷ったあげく買わなかったのですが、次回は買います。
忘れられないくらいキュートでユニークな魚梛さん。

c0009540_10595718.jpg

こちらはなんていうものなのでしょうか・・・。
茶巾のような、宝袋のような形をしていて、お昼12時の5分ほど前に、
背も鼻もスッと高いご住職さんが、木槌で打ち鳴らしておられました。
この木槌も、伽藍堂の壁にかけてあるのですが、そこにちょうどうさぎやは出店していました。
木槌を取られるにしても、打ち鳴らされるにしても、邪魔になるのでは?と心配したのですが、
そういった細かいことを気にされるご様子もなく、
木槌を振り上げられた長い腕と、美しい所作に、私は釘付けになってしまいました。

c0009540_11104283.jpg

それにしても、なんと大きな美しいお寺でしょう。
何もかもを温かく包んでくれる、穏やかで優しい雰囲気が漂っていました。
黄檗宗の大本山なので、参拝の方々も、全国あちらこちらからいらっしゃるようです。
藍木綿の絣の着物が、九州からのお客さまへ嫁ぎました。(元気でね)
古布のセットも、色も柄も組んであってすぐに使えるとご好評いただいたり、
そうそう、ねこ首輪が、「我が家のうさぎに。」と買っていただき、なるほど!と新たなアイデアもいただきました。
外へ出る(出店する)と、また新しい出会いがあり、いろいろご感想やご意見が聞けて、楽しいです。
来月は一段と寒さが増しますが、萬福寺の冬の景色も楽しみつつ、出店しようと思っています。
[PR]
by usa_tete | 2011-11-09 11:16 | お店のこと。
依然、帰ってきませんが・・・。 >>



うさぎの気持ちをつづりまする。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31