うさぎ日記

依然、帰ってきませんが・・・。

これまでご協力くださっている皆さま方へ、お礼申し上げます。

“そば”、“けむ”、“ふく兄”が戻らなくなって、1ヶ月~40日が経ちます。
諦めず、皆さま方からの情報を元に、探す毎日です。

愛護センター、保健所、役場、警察と、各機関の方々も親身になって話を聞いてくださり、
長い時間をかけてご対応いただきました。
「二度と同じことが起きないよう気を付けます。」
「捨てられたのなら、また戻ってきますよ。」
「猫は意外と強い生き物ですよ。」
「私たちも気に留めておきます。」
「また何かあれば、相談してください。」
と。
心強く、救われた思いがしました。

ご近所や周りの方にも本当によくしていただいています。
○「どうぞ、どうぞ。見つかるといいですね。」と快く張り紙を受けてくださった、コンビニの方。
○お店としては受けられないけど、個人的になら…と、張り紙を受けてくださったお花屋さん。
○「知り合いが野良猫の集まる場所を知っているから」と、張り紙をたくさん持って帰ってくださった近所の奥さん。
○「俺の知り合いんとこの猫も、3ヶ月して帰ってきよったぞ。猫好きの友達おるから聞いといたるわ。」と励ましてくださったおじいさん。
○「(ある)神社に野良猫が集まるから、見に行ってきたよ。」と母の古いお友達。
○「うちら辺ではキジトラの猫見ないけど、あちこちアンテナ張っておくよ。」と猫好きの私の友達。
○「友達の友達に情報通の人がいて、野良猫の集まる場所もよく知ってるから、連絡取ってみて。」と同じく私の友達。
○隣の町なのに、自治会で回覧しますと、雨の中張り紙が濡れないよう、大事にポケットにしまってくださったおじさん。
○「職員の間だけでも回しておきます。」と公共機関の方。
まだまだ書ききれないほどの、温かい励ましをいただいています。
うさぎやのお客様からもご心配いただきました。
ブログをご覧になり、「そんな猫うちら辺にいるかな…。」と気に留めてくださってる方もいらっしゃると思います。(勝手に思い込んでいる?^^;)

世の中にこんな非道な人間がいるのかと、それはそれは苦々しく嫌な思いを、老夫婦に対して持ちましたが、
一方でこうして励まし、ご協力ご尽力くださる皆さま方に、胸がいっぱいです。
本当に、本当に、ありがとうございます。

諦めません、絶対に!
どこかで必ず生きています!
“むぎ”が戻ってきたんです。“そば”だって!“けむ”だって!!“ふく兄”だって!!!
必ず、戻ってきます。
[PR]
by usa_tete | 2011-10-22 12:05 | うさぎとねこ。
<< 黄檗山萬福寺の手作り市へ。 生きていると信じて。 >>



うさぎの気持ちをつづりまする。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30